災害の歴史を調査する

このたびの西日本を中心とした記録的な豪雨により、
被害に遭われた方々に対し心よりお見舞い申し上げます。

自然災害の脅威を目の当たりに、普段の穏やかな景観とは異なる姿にただただ恐怖を覚えるものです。
当農園の農地は、御幣川(おんべがわ):鈴鹿川水系の支流で一級河川
の隣に位置しており、
普段は穏やかな清流も突如濁流に変わることになります。

そこで、豪雨が発生した際に浸水の被害は発生する可能性が高いのかを調べることにしました。
一級、二級、準用、普通等の区分がありますので、行政の管轄は複雑に分かれているようですが、
今回該当の川の地域は鈴鹿市ではなく三重県の管轄とのことでした。
鈴鹿市や三重県に過去の被害の状況を問い合わせてみたものの、
纏まった情報を見つけることはできません。
図書館で書籍をあたることにしましたが、ここでも該当する書籍を見つけることはできず、
最終的には現地地域の方に直接教えていただく必要があるという結論にいたりました。

また、インターネット上では以下のようなサイトを閲覧することが出来ます。

・国土交通省ハザードマップポータルサイト
地図上で市区町村を指定して、洪水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、
土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に重ねて表示できます。
https://disaportal.gsi.go.jp/

鈴鹿市ですと、以下のような
・内水ハザードマップ(浸水実績図)
を閲覧することができます。(浸水以外の防災マップもありますのでご参考ください)
http://www.city.suzuka.lg.jp/bousai/map/index2.html

年々台風は大型化、そして局地的豪雨(ゲリラ豪雨)は概ね増加傾向にあります。
今回の集中豪雨をみますと、被害の度合から過去のデータは参考とはならない部分がありますが、
少なくとも私たちが住んでいる地域周辺の災害傾向は頭の片隅に入れておくべきではないでしょうか。
その上で、近くに河川がある崖がある、ここの土地は低い、標高の高い場所はこのあたり、あのビルは高い、
頭の中に避難ルートをイメージして、
災害は常に想定(歴史)を越えてくるものと考えておきたいものです。

鈴鹿市マンホール

Follow me!