新規就農者の強い味方、農業次世代人材投資資金とは

私のように農業を新規にスタートしたいという方にとって、
一番の問題や心配事は、
やはり資金面です。

農業法人で勤めていた方でも初期費用の捻出は大きな壁となりますし、
全くの異業種からの参入であればなおさら、
知識・技術面のハードルも重なり、
不安は膨らむばかり。
また、自然からの影響も大きく受ける上に、
新規就農から安定した収入が見込めるまで数年はかかるため、
多面にわたり不安定な職種といえます。

こういった理由から、
新規就農を諦める方も多いのではないでしょうか。

そうはいっても農業の発展は国にとっても重要事項の一つ、
新規井就農者に向けて様々な支援策を用意してくれています。
その中でも今回は「農業次世代人材投資資金」という助成金を紹介いたします。

http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/roudou.html

農業次世代人材投資資金には以下の2種類があります。
詳細は上記のリンク先をご確認ください、簡単に説明しますと、

1.準備型
就農希望者に、最長2年間、 年間150万円を交付します(大まかに以下の要件を満たす必要があります、詳細は上記のリンク先をご確認ください)。
・45歳未満である
・独立・自営就農または雇用就農、親元就農を目指すこと
・研修機関・先進農家・先進農業法人で概ね1年以上(1年につき概ね1200時間以上)研修する
・生活保護、求職者支援制度など、生活費を支給する国の他の事業等と重複受給でないこと
・青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入する

2.経営開始型
農業を始めてから最長5年間、年間最大150万円を交付します(大まかに以下の要件を満たす必要があります、詳細は上記のリンク先をご確認ください)。
・独立・自営就農時の年齢が、45歳未満の認定新規就農者である
・農地の所有権又は利用権を交付対象者が有している
 主要な機械・施設を交付対象者が所有又は借りている
 生産物や生産資材等を交付対象者の名義で出荷取引する
 交付対象者の農産物等の売上げや経費の支出などの経営収支を交付対象者の名義の通帳及び帳簿で管理する
・青年等就農計画等が独立・自営就農5年後には農業で生計が成り立つ実現可能な計画である
・市町村が作成する人・農地プランに位置付けられていること、または、農地中間管理機構から農地を借り受けていること
・生活保護等、生活費を支給する国の他の事業等と重複受給でないこと
・青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入する

上記のように国が新規就農を後押ししてくれています。
例外ではなく、当ブルーベリー農園でも資金面において厳しいところがありますので、
活用させていただこうと現在検討しています。

Follow me!